カメラと週末旅行

一眼レフカメラを片手に週末に旅行するブログ

フェアレディZにも搭載されているパドルシフトを使ってシフトチェンジをしよう|実は便利な機能

Z34のパドルシフト

フェアレディZ(Z34)にも搭載されている、「パドルシフト」の上手な使い方をご紹介します。

 「パドルシフト」が搭載される車が増えてきました。これが結構便利なものですが、使わない方も多いと聞きます。それはもったいない、今回はこのパドルシフトについてご紹介します。

 

パドルシフトって何、使うメリットって?

そもそもパドルシフトって何?

ハンドル奥にあるパドルで、シフトチェンジができる装置です。ハンドルの奥にあることで、シフトレバーのようにハンドルから手を放すことなく操作することができます。オートマ車でも、マニュアル車のようなシフトチェンジの感覚を楽しむことができます。

パドルシフトの歴史は?

市販車で初めて採用された車は、フェラーリの「F355」です。パドルシフトという名前ではなく、F1システムというカッコいい名前が付いていました。そんな高性能スポーツカーの機能が、ミニバンや一部の軽自動車にまで(!)装着されるようになりました。そのメリットとは何があるのでしょうか?

フェアレディZのパドルシフト

パドルシフトのメリットは?

メリットは「簡単に」、「素早く」シフトダウンができることです。MTのようなクラッチペダル操作も不要、まるでプレイステーションのコントローラーのように指先だけの操作ですので、とても簡単です。誰でもできます。また、ステアリングの奥なので、操作をしたい時に素早く行うことができます。ステアリングの奥というのがベストな位置なのですね。

フェアレディZのパドルシフト

パドルシフトは、どのような時に使うのがいいの?

ズバリ、減速するときです。パドルシフトでシフトダウンが簡単にでき、エンジンブレーキを積極的に使うことができます。フットブレーキを使う頻度が減るので、様々なメリットがあります。

・坂道を下っている時(これが一番のメリット)。フェード現象が抑えられます。
・高速道路を走行中に、ブレーキを踏むまでもないけど、少し減速して先行車との距離を調整したいとき。

多少ですが、ブレーキパッドの減少も抑えられ、ブレーキダストも減ります。また、使えるシーンは限られますが、低いギアに落としてコーナーに入ることで、コーナー出口で気持ちよく加速できます。

フェアレディZのパドルシフト

使う際の注意点は?

車種、ギア数、エンジン回転数にもよりますが、シフトダウン時のショックです。自分は気持ちよく感じてもても、同乗者には不快になる場合もあります。運転中は自分より同乗者ファーストです。不必要に減速Gを感じさせないよう気をつけてください。

フェアレディZのパドルシフトn

 

まとめ

実は結構便利な装備の「パドルシフト」をご紹介しました。「Dレンジ」だけでも勿論運転は楽しめますが、「簡単に」「素早く」シフトダウンすることで沢山のメリットがあります。エンストの心配もなくシフトチェンジできますので、積極的にパドルシフトを使ってみてください。

この間、ショッピングモールに展示されていた軽自動車を何気なく見たら、パドルシフトが付いていてビックリしました。それがきっかけで記事を書いたのですが、最近の軽自動車は本当にすごい。

フェアレディZのパドルシフト