カメラと週末旅行

一眼レフカメラを片手に週末に旅行するブログ

はてなブログの読み込みを速くするために行った5つのこと

f:id:akiakigogogo:20180518194552p:plain

はてなブログの読み込み速度、簡単に速くできます。

衝撃的でした。この間スマートフォンでこの「おやじ週末旅行」にアクセスしたのですが、60秒経っても画面が真っ白のままで見れませんでした。一般的にはてなブログは読み込み速度が遅いとは言われていますが、それにしも60秒経っても見れないサイトって。

いつもPCで記事を書いてPCで見ていたので、スマホの読み込み速度の遅さに気付かなかったです。これではまずい。ということで今回は、ページの読み込み速度を上げるために実施した工夫をまとめてみようと思います。

 

はてなブログのページスピードを上げる5つの工夫

まずは現状の把握

Mobile Website Speed Testing Toolでページスピードを計測

Googleの無料サービスでページスピードを測定してみました。

自分のブログのURLを入力するだけでOK。1分待てば結果が出ます。読み込み時間、訪問者の推定離脱率、同じ業種内の比較結果などが見れます。結果は要改善って。そりゃそうですよねぇ、ええ。

GTmetrixでもページスピードを測定

もう一つ、同じくURLを入力するだけで、ページスピードを測定してくれるサービスです。こっちの方が分かりやすいのでオススメです。

で、実際に測定した結果がこちらです。はてなブログのアクセス速度

Performance Scoresを見ると、GoogleのPageSpeed ScoreはC(74%)、Yahoo!のYSlow ScoreはD(63%)。うーん。で、問題はここ。Page Details。Fully Loaded Time(ページの読み込み速度)は51.6秒。51.6秒!?そんなにサイトの読み込みを待ってくれる人なんているわけないじゃん。よし、直しましょう。

 

①ソーシャルパーツの解除

ソーシャルパーツを解除しました。記事の共有などはできなくなりますが、そもそもサイトが読み込まれなければ、誰にも読んでももらえないので。

デザイン→カスタマイズ→記事→ソーシャルパーツで解除。

シェアボタンの廃止

どうも、はてなブログ公式のプラグインは表示速度が遅いようです。

はてなブログ公式 (デフォルト) の各プラグインは、基本的に iframe 要素で別ページのデータを読み込むようなことをしているモノが多く、必然的に表示速度が遅くなる。つまり、これら公式のプラグインをそのまま使う以上、表示高速化は見込めない。(CORREDORより)

 

②はてなスターの解除

はてなスターも解除しました。正直言うと、はてなスターもらえると凄くうれしいです。ただ、今回はアクセス速度を優先し、涙を飲んで削除します。

デザイン→カスタマイズ→記事→ソーシャルパーツで解除。

はてなスターの解除

 

③はてなブックマークコメントの解除

はてなスターを解除したので、ついでに、はてなブックマークコメントも解除しました。断捨離します。

デザイン→カスタマイズ→記事→ソーシャルパーツで解除。

はてなブックマークコメントの解除

 

④画像サイズの見直し

カメラで撮影した旅先の画像を沢山アップロードしています。この画像サイズと画質を見直しました。画質を80%に落としても見た目に違いは分からないレベルだったので。

はてなフォトライフ→該当フォルダ→設定→画質で、項目を100から80%にダウン。

 

⑤パンくずリストを公式に変更

入れ子式のパンくずリストを表示させたかったので、こちらのパーツを使っていました。こちらもパーツを外すと読み込み速度が上がったので、公式のモノに戻しました。

 

その結果、ページスピードはここまで上がった

再度アクセス速度を計測した結果がこちらです。

はてなブログのアクセス速度向上の結果

Performance Scoresは、Yahoo!のYSlow ScoreがD(63%)からC(72%)に向上しました。そして問題だったページ読み込み速度です。Fully Loaded Time(ページの読み込み速度)が51.6秒から4.6秒に大幅に改善しました。10倍もアクセス速度が速くなりました。トライしてみるものだなぁ。

 

まとめ

60秒経っても画面が真っ白のままで読み込んでくれなかった本サイトでしたが、読み込みを速くするために5つの工夫をしてみました。結果、ページの読み込みにかかる時間が、51.6秒から4.6秒へと10分の1に減り、大幅に改善することができました。

とはいえまだ5秒弱かかっていますので、まだまだ改良の余地ありです。せっかくアクセスして頂いたのですから、気持ちよく記事を読んでいただくために、これからも引き続きサイトの改良を進めていきます。