カメラと週末旅行

一眼レフカメラを片手に週末に旅行するブログ

下田の黒船ミュージアムへGO|ペリー来航の地で日本開国の歴史に触れる

黒船ミュージアム

伊豆半島の南東、下田市にある「黒船ミュージアム」に行ってきました。

今回初めて訪れたのが、伊豆半島の南端にある下田市です。白い砂浜と、日本の開国の歴史の地として有名です。観光スポット毎にブログで魅力をご紹介するとして、今回は、日米和親条約の締結の地、了仙寺にある「黒船ミュージアム」をご紹介します。

 

日本最大の黒船・開国展示品と映像で歴史を知ろう

場所は、教科書に載っているあの場所

下田市は、静岡県の伊豆半島の先端に位置し、海と山に囲まれた自然豊かな場所です。下田と言えば、海水浴。白い砂浜に透明度の高い海はとても有名で、首都圏からも沢山の観光客が海水浴に来られます。そして、下田市のもう一つの特徴が、歴史です。幕末時代に黒船来航し、開国の歴史をもつ街でもあります。今回は、黒船の歴史に触れてみることにします。

了仙寺の入り口

黒船ミュージアムがある場所が、あの了仙寺の隣です。

了仙寺

了仙寺と言っても、ピンと来ない方が99%だと思いますが、歴史の教科書に載っているあの場所です。これを見れば思い出すはず。了仙寺の境内の絵です。

了仙寺

1854年に日米和親条約が横浜で締結され、下田の開港が決まりました。そして、条約の詳細を決めるための日米の交渉が行われたのが、下田市の了仙寺、つまり、ここです。了仙寺での交渉により日米和親条約の付属条約・下田条約が締結されました。ペリー艦隊の従軍画家ハイネが描いた日米下田条約調印の図と、目の前の風景がほぼ一致。これには感動です。 

 

オシャレな建物の歴史ミュージアム

了仙寺でお参りしたのちに、境内を歩くとミュージアムの入り口が見えてきます。

黒船ミュージアム

歴史の勉強系ミュージアムって、大抵古い建てものに、いつ更新したのかもわからない展示品がやる気のなさそうに置いてあり、解説も必要最小限、わかる人にだけわかれば良いのよ〜みたいな雰囲気がプンプン、というのが定番なのですが、ここは違います。建物からして、こんな感じです。オシャレ&モダンではないでしょうか?これだけでは、ここがミュージアムとは思えない雰囲気です。

黒船ミュージアム

 

展示品とシアターで黒船・開国を学ぶ

建物入って、いきなりドン。ハロー、ペリーさん。

黒船ミュージアム

ここのエントランスホールは撮影OKです。来館記念にペリーさんの顔パネルと一緒に記念撮影してください。ミュージアム内は撮影NGなので、パンフレットと記憶を元にご説明します。まず展示品ですが、さすがの一言。展示数も多いですが、展示品もまた素晴らしい。その当時の貴重な品々を目の前で見ることができます。特に、その当時に描かれた絵が多く展示されており、見ていて面白いです。ただ、どの絵もそうなのですが、ペリーさんの自画像がみんな垂れ目の困った顔でちょっと可哀想。ペリー艦隊来航記念碑みたいに、もうちょいイケメンに描いてほしい気もします。教科書やテレビで見る黒船・開国の画像の多くはここから提供されています。

黒船ミュージアム

また、ミュージアム内のシアターでは黒船や条約の内容だけでなく、当時の日本人がアメリカ人をどう思っていたのかも知ることができます。歴史の教科書に載っていない内容で、なかなか面白いですよ。気合入れて、シアターの一番前のド真ん中で見ていたのですが、画面が近くて見にくかった、、ぜ。

黒船ミュージアム

 

ミュージアムを堪能したあとは、ペリーロードへ

黒船ミュージアムの裏の細道を通ると、ペリーロードにつながります。オシャレな雰囲気で、ランチやスイーツを楽しめますよ。

ペリーロード

 

黒船ミュージアム

・名称  :Mobs黒船ミュージアム
・住所  :〒415-0023 静岡県下田市三丁目12-12
・電話番号:0558-22-2805
・営業時間:8:30~17:00(入館は16:40まで)
・休館日 :12/24・25・26
・入場料 :大人500円、小・中学生250円
・駐車場 :有り
・HP    :Mobs 黒船ミュージアム
・アクセス:伊豆急下田駅から徒歩10分

 

まとめ

幕末時代に黒船が来航し、日本開国の歴史をもつ街、下田市に行ってきました。その開国の歴史を詳しく知ることのできる「黒船ミュージアム」は、よくあるやる気のない歴史系ミュージアムとは異なり、ここにしかない貴重な歴史展示物を、分かりやすく、楽しませながら見せる工夫がしてあり、基礎知識なしでも楽しむことができます。"歴史ミュージアム"と壁をつくらずに、気軽に入ってみてください。 

伊豆下田の観光スポットまとめ

夏、海、小島、釣り、温泉。日本開国の歴史ある港町は、あの大人気ゲーム「ぼくのなつやすみ」を彷彿する世界が広がっていました。伊豆下田の観光スポットは、こちらにまとめてあります。よろしければご覧ください。