カメラと週末旅行

一眼レフカメラを片手に週末に旅行するブログ

【総集編】画像編集・加工ソフトの使い方まとめ|初心者でも簡単・オススメ

画像編集・加工ソフトの使い方まとめ

本ブログで紹介した、画像編集・加工ソフトの使い方を、一覧にまとめました。

写真は撮影して終わりではありません。撮影した写真を、編集・加工することで、より狙った絵を作ることができます。本ブログでも、たくさんの画像編集・加工ソフトの使い方、その特徴、加工した作品をご紹介してきました。それらの記事を全て一覧にまとめました。写真の表現の範囲が広がりますので、写真加工の参考にご利用ください。

 

Snapseedの記事一覧

画像加工アプリとして、一番オススメするソフトが、「Snapseed」です。スマートフォン上で簡単に操作できる扱いやすさが特徴ですが、できる加工の種類が豊富です。 

(1)Snapseedの紹介と、基本的な使い方

そもそも画像加工をしたことがない方もいると思います。そもそも画像加工アプリとは何か、その中でも有名な「Snapseed」でできることは何かを、以下の記事にまとめました。

実際にスマートフォンで写真を撮影し、アプリを起動、アプリ上でその写真に画像加工をし、保存する、一連の操作方法をご説明しています。画像加工アプリを始めて使う方は、まずはこの記事から読んでみてください。

 

(2)空の写真を素敵に加工する方法

Snapseedの「ホワイトバランス」を使いこなすことによって、空の写真をより綺麗に加工することができます。

実際に空の写真に、ホワイトバランスの「色合い」と「色温度」を変えてみました。全く同じ写真でも、アプリの加工でここまで違う写真にすることができちゃいます。

snapseedで空の写真を加工
snapseedで空の写真を加工
snapseedで空の写真を加工
snapseedで空の写真を加工

 

(3)夕日の写真を素敵に加工する方法

Snapseedの「周辺減光」機能を使うと、夕日の写真を、より素敵な写真に加工することができます。周辺減光というと難しいですが、そこはSnapseed。加工の仕方はとても簡単です。ほんの少しの加工で、ググっと自分が撮りたい写真に近寄せることができます。 

snapseedの周辺減光の編集
snapseedの周辺減光の編集

 

(4)撮影した写真に文字を入れる方法

画像の加工は、色や明るさの調整だけではありません。写真の上に文字を入れることもできます。文字も、ただ入れるのではなく、用意されているテンプレートを使うことで、センス良く入れることができます。テンプレートを選び、文字を入れ、大きさ、位置、色と透明度を設定し、完成です。

撮影した写真に文字を入れる
撮影した写真に文字を入れる

ただ文字を入れただけで、「いい雰囲気」の写真ができます。

 

(5)PCでSnapseedを使う方法

とても便利なSnapseedですが、スマートフォン専用アプリですので、PCでは使えません。ですが、「BlueStacks」という専用ソフトをPCに入れることで、無理やりPCでも使うことができます。 

PCとの画像のやりとりには、少しコツがいります。そこは、Dropboxを使うことで、ストレスフリーで画像保存ができるやり方をご紹介しています。

 

Canvaの記事一覧

ブログの一番目立つヘッダー画像を、Canvaを使って作成してみました。

(1)Canvaでブログのヘッダー画像をおしゃれに作る方法

ソフトのインストールも不要、無料で使える素材を使うことで、プロが作ったかのような素敵な画像を作成することができます。全ての作業がブラウザ上でできる点がとてもいいです。

 現在のこのヘッダー画像も、この記事で作成した画像をそのまま愛用しています。

f:id:akiakigogogo:20180520222317p:plain

 

スペシャルエフェクトモードの記事一覧

ニコンの一眼レフカメラには、「スペシャルエフェクトモード」という機能があります。この機能を使うことで、カメラが自動で写真に様々な特殊な効果を追加してくれます。私が使っているニコンのカメラ「D5500」にもたくさんのスペシャルエフェクトが選べます。実際に使って遊んでみました。 

(1)「トイカメラ効果」の使い方

実際にトイカメラ機能を使ってみました。 歴史ある昔ながらの建物や風景が、味のある写真になりました。

Nikon-D5500-トイカメラエフェクト
Nikon-D5500-トイカメラエフェクト

 

(2)「ミニチュア効果」の使い方

ミニチュア効果を使った写真を紹介しています。高い場所から見下ろすような構図におすすめです。色もPOPな鮮やかな表現になります。 

 ミニチュア効果がわかるよう、同じ場所から同じ構図で撮影した写真を並べてみました。普通に撮影した写真が左、ミニチュア効果で撮影した写真が右です。写真はクリックで拡大できます。

ニコンカメラ-ミニチュア効果なし
ニコンカメラ-ミニチュア効果あり

 

(番外編)画像圧縮の方法

画像をブログにアップする上で、逃げられないのが、アクセススピードの低下です。画像を撮影時の巨大な解像度でアップしてしまうと、読み込みにとても時間がかかります。とは言え、キレイな写真はできる限り、キレイなままで見てもらいたい。そこで、ブログ上での画像の見た目はそのままで、画像容量を自動で削減する便利なツールをご紹介しています。 

 

ご紹介したツールは実際にこのブログを記載する際に重宝いしているツールです。ブログをスマートフォンやパソコンで見る分には、画像は、容量を一定まで削減しても見た目は変わらないです。画像編集・加工後のブログアップにお役立てください。

 

まとめ

画像編集・加工のソフトをまとめました。いろいろ試して、使いやすさや性能で最後まで生き残ったソフト達です。もちろん、今も使っています。ソフトの使い方がとても簡単なモノばかりです。写真の表現の範囲が広がりますので、ぜひトライしてみてください。