カメラと週末旅行

一眼レフカメラを片手に週末に旅行するブログ

総理大臣のお宅に遊びに行こう、東山旧岸邸に行ってきたよ

東山旧岸邸

内閣総理大臣のお宅にお邪魔してきました。

以前、昭和の鉄道王と海運王が建てた豪華な名邸、「起雲閣」に行ってきました。その豪華さは圧巻の一言。建物も内装も芸術品でした。財界の有名人のお宅は遊びに行った。じゃあ、次は政界の有名人のお宅に遊びに行こう!ってことで、今回は第56・57代の内閣総理大臣を務めた岸信介氏のお宅にお邪魔してきました。

 

交通アクセス

・東山旧岸邸(ひがしやまきゅうきしてい)
・〒412-0024 静岡県御殿場市東山1082-1
・車 :東名高速道路御殿場ICすぐ
・電車:JR御殿場線御殿場駅下車、タクシー15分

御殿場ICからすぐに行けるのが、この観光スポットのいいところ。

 

施設

・営業時間:4月〜9月 10:00〜18:00 / 10月〜3月 10:00〜17:00
 (入館は閉館時間の30分前まで)
・休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、12/29〜1/3
・入館料:個人一般300円、小・中学生150円

この施設ですが、隣に「とらや工房」という今話題のカフェがあります。このカフェ、「マツコの知らない世界」で最近紹介されたため、もう激混み。で、そのカフェと駐車場が一緒なので、駐車場も激混みです。

東山旧岸邸・とらや工房の案内板

 

要人や賓客になった気分で、首相のお家を散策しよう

東山旧岸邸は、とらや工房の敷地を通った先に

東山旧岸邸はとらや工房の奥にあります。まずは工房の竹林散策を楽しみます。

とらや工房の入り口

10分程度歩くと見えてきます。東山旧岸邸です。ちなみに、とらや工房は2時間待ち。

東山旧岸邸

ここで、岸信介氏のご説明を。山口県生まれ、東京帝国大学(現東京大学)を卒業後、農商務省、商工省にて要職を歴任しました。戦後はA級戦犯として逮捕、起訴されましたが、不起訴となりその後、自由民主党結党に参加して、初代幹事長、第56・57代内閣総理大臣を務めました。日米安全保障条約改定や、国民年金法の成立に尽力した人です。73歳のときに、転居し晩年を過ごした場所がここです。現総理大臣、安倍首相のおじいさんにあたる方ですね。佐藤栄作氏、安倍晋太郎氏、安倍晋三氏とすごい一族です。

学生時代の賃貸物件より広い玄関ホール

さっそく岸邸に行きます。玄関ではなく、内玄関から入り、スリッパに履き替え。

東山旧岸邸の入り口
東山旧岸邸の入り口

こちらが玄関。さすが、広い。

東山旧岸邸の玄関

 お客様の多かった岸邸の玄関は、一般家庭よりもすこし大きめにつくられています。(施設の説明文より)

いや、すこしじゃないし。そして、こちらが玄関ホール。大学時代に住んでいた安アパートより広いよ、これ。玄関ホールは待合室のように使用されていました。

東山旧岸邸の玄関ホール

胡桃の木が美しい書斎兼応接間

玄関ホールの隣が書斎です。この椅子に座って、どんな日本の未来を思い描いていたのでしょうか。あ、座っちゃだめです。

首相の書斎兼応接間

この部屋の壁に使用されている木は胡桃です。胡桃材は割れや変形がすくなく使い込むと美しい光沢がでるのが特徴です。(施設の説明文より)

首相の書斎兼応接間

和室

書斎の先にあるのが和室。安倍首相も子どもの頃はこの部屋に来たのかなぁ。

東山旧岸邸の和室東山旧岸邸の和室

居間

ここがこの建物で一番好きな空間。居間です。天井、壁、床の材質、色の使い方が落ち着いていて好きです。不必要に豪華さ求めていない感じがいい。庭園から春の風が入って来て気持ちがいい。贅沢なリビングだな。

東山旧岸邸の居間

岸さんは絵画や刀剣などを蒐集し、ご自分で季節ごとに絵を選び、飾り替えていたといわれています。(施設の説明文より)

東山旧岸邸の居間

居間の端っこに、庭に向かって置いてある一人掛けソファがあります。岸氏はここから庭を眺めるのが好きだったそうです。視線を真似て、こんな感じでしょうか。

東山旧岸邸の居間

食堂

居間の隣が食堂です。1969年に建築されたとは思えないほど現代的で綺麗です。

東山旧岸邸の食堂

押込戸を利用して、障子・ガラス戸・網戸・雨戸を壁戸袋に引き込み、庭側が解放となります。(施設の説明文より)

実際に説明員の方に庭側を開放してもらいました。こんな感じで、解放感が素敵。ここでご飯食べたい。

東山旧岸邸の食堂

岸氏の視線を真似て、食堂の上座から。こんな感じでしょうか。

東山旧岸邸の食堂

庭園

せっかくいい天気だったので、説明員の方に許可を頂きまして、食堂から庭園に出てみました。

東山旧岸邸の庭園

ここで外国の要人や賓客をもてなしたそうです。そんな歴史のある空間を、今日は一人で独占。

東山旧岸邸の庭園

 

まとめ

近代数寄屋建築の祖、吉田五十八が建てた岸邸に遊びに行ってきました。岸氏が晩年の17年間を過ごしたお宅は、起雲閣のようなデラックスさはありませんが、一つ一つの空間に落ち着きがあり、ゆったりとした時間が流れていました。1969年に建築したとは思えない程、現代風で美しかったです。首相の見た景色を、自分の目でも楽しむことができ、満足です。

こんな方におすすめ

・とらや工房に来られた方。隣の岸邸もぜひ見てほしいです。
・御殿場アウトレットに来られた方。IC近くにある観光スポットです。

東山旧岸邸
東山旧岸邸
東山旧岸邸
東山旧岸邸

 

近くのおすすめ観光スポット

二岡神社

東山旧岸邸から車で12分です。 テレビドラマや映画、CMの撮影現場として利用されています。

駒門風穴

東山旧岸邸から車で20分です。洞窟で非日常を味わえます。

五竜の滝

東山旧岸邸から車で30分です。住宅街の中の公園にあります。

十里木高原展望台

東山旧岸邸から車で35分です。 富士山が綺麗に見れる日ならおすすめ。