カメラと週末旅行

一眼レフカメラを片手に週末に旅行するブログ

【沼津】大きさは日本最大級。伊豆半島や富士山を一望できる、沼津港の展望水門びゅうおに登ってみた

展望水門びゅうお

日本最大の水門を見てきました。デカいね。

 

海鮮グルメを堪能したり、沼津港深海水族館でシーラカンスを眺めたりと、食べて・観て楽しい沼津港ですが、ぜひ立ち寄ってほしいスポットがあります。日本最大級の規模を誇る大型展望水門「びゅうお」をご紹介します。

 

交通アクセス

まずは沼津港へお向かいください。そこからは下部ブログにてご説明します。

・沼津港(ぬまづこう)
・〒410-0845 静岡県沼津市千本港町
・車:東名高速道路の沼津ICから約25分。
 電車:JR新幹線の「三島駅」で下車、JR東海道線富士・静岡方面の「沼津駅」で下車。沼津駅南口からはバスで約15分。歩くと約30分。

 

駐車場

近くに「びゅうお専用駐車場」があります。無料です。その隣にも「港口公園駐車場」という無料駐車場があります。飲食店街から少し離れた駐車場ですが、沼津港は大きくないので、こちらに停めて歩いて沼津港を散策されることをおすすめします。

もし2ヶ所とも満車だった場合は「ぬまづみなとパーキング」で停めてください。飲食店街のすぐ隣です。こちらは最初の1時間200円、以後1時間毎100円です。

駐車場から吊橋に向けて歩きます。と言っても数分で着きます。

下の周辺駐車場案内図の右上のPに「びゅうお専用駐車場」「港口公園駐車場」があります。左上にびゅうおがあります。

びゅうお周辺駐車場案内図

びゅうお専用駐車場はびゅうおが休館日は閉鎖するので、だめなら港口公園駐車場にお停めください。

びゅうお周辺駐車場案内図

 

大きさは日本最大級。展望水門で味わう360度の眺望

沼津港から歩いてすぐ

何がともあれ、まずは沼津港を楽しんでください。沼津名産は桜エビだけではありません。水揚げされたばかりの新鮮な魚介類もあれば干物もあります。せりが見学できる「沼津魚市場INO(イーノ)」、地元の特産品が並ぶマーケットモール「沼津みなと新鮮館」、沼津港を周遊する遊覧船など、食べて・観て楽しめます。

展望水門びゅうお

びゅうお専用駐車場からびゅうおの頭が公園越しに見えます。

大型展望水門びゅうお

流石日本最大級の水門。とにかくデカい

見えてきました。大型展望水門「びゅうお」です。

展望水門びゅうおの外観

近くから見るとその規模が分かります。

展望水門びゅうおの外観

さらに近くで見ると圧迫感があります。津波を止める扉体(ひたい、上下に動く扉のこと)は、幅40m、高さ9.3m、重量は406トンと日本最大級です。左右の建屋などを含めた全体の重量は923トンで日本No.1

近くで見るびゅうおの外観

水門の向こうには駿河湾が広がっています。

びゅうおの向こうに広がる駿河湾

守る+眺める=水門びゅうお。

びゅうおは、沼津港と周辺を津波や高潮から守るために、2004年に沼津港に設けられた展望水門です。展望というだけあって、びゅうおの役割は守ることと、眺めること。水門の機能はそのままに、そのスケールを活かして上部が展望台になっています。

びゅうおの説明

沼津港の内港と外港を結ぶ航路から進入する津波から港の背後地の50ha、 9,000人を守るために作られた水門。

水門に併設された展望施設は、両岸の機械室の周囲を展望回廊がまわり、回廊の床は地上約30mで、両側の展望回廊を幅4m、長さ約30mの連絡橋がつないでいる。愛鷹山、富士山、南アルプスや箱根連山、沼津アルプスを望み、眼下には我入道海岸が広がり、その先に駿河湾に突き出した大瀬崎をくっきりと見ることができ、東西南北360度の展望を楽しめる

(びゅうお説明案内より)。

www.city.numazu.shizuoka.jp

では早速この水門を登ってみます。入ってすぐに受付があり、入場料(大人100円、小中学生50円)を払います。エレベータでいっきに昇ります。エレベーターから降りると地上約30mにある展望回廊に着きます。

びゅうおの建物内

びゅうおから眺める駿河湾です。

びゅうおから見た駿河湾

眼下には我入道海岸が広がります。

びゅうおから見た駿河湾

沼津港。右下の建物は沼津魚市場INO(イーノ)です。

びゅうおから見た駿河湾

展望回廊の中央にはベンチがあります。フリーwifiも飛んでます。パスワードはこの写真の右側の壁に書いてあります。

びゅうおの建物内

運がいいと富士山も見れます。冬は特に見える頻度が上がります。雲がない富士山を見たい方は午前がおすすめです。

びゅうおから見た富士山

機械室もガラス越しですが見えることができます。406トンもの扉を上下させるとは思えないほど小さな設備でした。

びゅうおを動かす機械
びゅうおを動かす機械

富士山と目の前の千本松原の松林と一緒に。

びゅうおから見た富士山

展望回路の窓は少し開けることができますので、窓越しではない写真も撮れます。ただし、全ての窓がOKではありません。場所によっては「あけちゃダメ」と注意書きが掲示されているので、ご注意を。カメラ・スマホ落とさないように。

びゅうおから見た富士山

近くにあります。オススメの富士山撮影スポット

びゅうおの近くに富士山を綺麗に撮影できるスポットがあります。以下にまとめてありますので、ご参考に。

 

まとめ

今回は、沼津港にある日本最大級の大型展望水門「びゅうお」をご紹介しました。沼津港からも見えます。歩いてすぐです。100円の価値はあります。天気のいい日は是非このびゅうおにも足を運んでみてください。時期によっては夜にライトアップされますが、一番の売りは展望から眺めることのできる景色ですので、まずは昼に行くことをおすすめします。

沼津港と富士山