カメラと週末旅行

一眼レフカメラを片手に週末に旅行するブログ

湧水量は東洋No.1、柿田川公園で富士山の湧き水を見てきた

富士山の湧き水

富士山の地下水が湧き出るところを見てきました。きれいなブルー。

 

富士山の天然水なんていうとペットボトル飲料をイメージしますが、富士山の湧き水が湧き出しているところを目の前で見ることができる場所が静岡にはあります。もちろん水も無料で持ち帰ることもできます。今回は、富士山の湧き水を観光できる、無料で汲めるスポット、「柿田川湧水公園」をご紹介します。

柿田川公園の入り口

 

交通アクセス

・柿田川公園(かきたがわこうえん)
・〒411-0907 静岡県駿東郡清水町伏見71−7
・車:東名高速道路の沼津ICから国道1号線を小田原、下田方面へ10分。
 公共交通機関:JR三島駅南口で降りて、バスターミナルからサントムーン経由で柿田川湧水公園前で下車。目の前です。

駐車場

・場所:公園の敷地内にあります。
・料金:200円。

1号線から下のような大きな看板が見えるはずです。

柿田川公園の駐車場案内板

 

観光と散策を一度に楽しめるオススメコースでご紹介

柿田川公園はとても広い公園です。富士山の湧き水が湧き出す場所を見るだけでなく、広葉樹の中をぐるりと散策することができます。そこで、一通り回れるオススメコースでご紹介します。

すぐ隣に交通量の多い国道1号線が通っているとは思えないほど自然豊かです。

柿田川公園の案内図

そこそこ歩きます。遊歩道は綺麗に整備されていますが、若干昇り降りがあります。

柿田川公園の遊歩道

(1)湧水第1展望台

まずは第1展望台へ向かいます。国道1号線近くにあります。

柿田川公園の第1展望台
柿田川公園の第1展望台

写真ではわかりにくいですが、各所から水がボコボコと湧き出しています。

柿田川公園の第1展望台

1日に湧き出す水は、100万トン(25mプールで約2000杯分)ともいわれ、湧き出る水の量は東洋一、日本名水百選にも選ばれています。トラックが行き交う1号線のすぐ脇ということを忘れそうです。

(2)湧水第2展望台

第1展望台より南に数分歩くと、第2展望台があります。展望台から下を覗きこめるようになっています。

柿田川公園の第2展望台

こちらが第2展望台から見る湧水です。水底から水が湧き出ています。透明度が高く、碧く神秘的です。ずっと見ていると吸い込まれそうな感覚になります。柿田川湧水が紹介される時に良く使われる写真はこちらです。素晴らしい。

柿田川公園の湧き水

PLフィルターなどを持っていないので、水面が反射した写真になってすみません。肉眼で見ると更に綺麗です。

柿田川公園の湧き水

(3)貴船神社

 碧く透き通った湧き水を鑑賞した後は、神社でお参りです。縁結びの神様が祭られている貴船神社です。時間がない方はここでUターンして、(4)湧水広場(5)湧き間を飛ばして(6)休憩スポットに行くのもありです。

貴船神社

(4)湧水広場

更に進むと水遊びができる広場があります。ここでも湧き水が水底から湧き出ているところをみることができます。夏は子どもたちのテンション上がりますね。

湧水広場
湧水広場

(5)湧き間

さらに南下すると、また湧き水を観れるスポットにたどり着きます。

通称船場付場と呼ばれる湧き間にはかつて製紙会社が使用していた2つの井戸の跡からきれいな水が湧いています。(現地の説明板より)

柿田川公園の湧き水

(6)湧き水汲みどころ&休憩スポット

湧き間まで行ったらUターンしてください。最後に紹介するのは、湧き水の汲みどころと、休憩スポットです。駐車場すぐ近くにあります。駐車場近くの白壁の日本風の建物の奥に、湧き水の汲みどころがあります。ポリタンク持参で汲みに来る方もいました。

柿田川公園の湧き水の汲みどころ

柿田川の水は、水道水の種別では1級にあたる綺麗な水です。水温は年間を通じて15℃前後と一定で、流量も年間を通してほとんど変化がなく安定しています。(現地の説明板より)

柿田川公園の湧水

駐車場のすぐ隣に飲食店やお土産店などがあります。沼津ならではのお土産も、もちろんあります。湧き水を使った豆腐アイスクリームや豆乳が有名です。

柿田川公園の休憩スポット

観光スポットとしては、メインではなくサブで

この観光スポットは大型バスでツアーで来られる方も多いため知名度はあります。"水曜どうでしょう"でも立ち寄っていましたね(ただで水飲めるのはいい、とか言っていたような)。正直言うと、カメラマジックの補正が強いです。確かに湧き水が湧き出すところを目の前で見れるスポットは面白いし、貴重です。そこは面白いですが、それ以外は乱暴に言えば綺麗な大きな公園です。勿論散歩には最高ですし、子供が安心して水遊びできる場所も最高、水を汲めるのもGOOD。ただ、散歩も水遊びも水汲みも地元民向けであり、観光向けではないかなと。

ここを観光のメインにはせず、ついでに立ち寄るのが良いと思います。例えば、沼津港で海鮮グルメを堪能した後に東名高速道路で帰る、その帰路の途中に立ち寄るならアリです(沼津ICに向かうついでなら、そんなに遠回りにはなりません)。時間に余裕がある場合の+1の観光スポットとしておすすめします。

 

まとめ

今回は、東洋No.1の湧き水の量を誇る、柿田川公園で富士山の湧き水を見てきました。水底からボコボコと湧き出る水は碧く透き通っており、眺めていると吸い込まれそうになります。遠くに見える富士山の湧き水がここから出ているとは、自然の偉大さを感じることができます。沼津、三島、熱海を観光する際に、+1の観光スポットとしておすすめします。

柿田川公園の富士山の湧き水
柿田川公園の富士山の湧き水

 

参考サイト

柿田川公園 - 静岡県清水町

柿田川 湧水の道 | 柿田川のお食事は、柿田川名所湧水の道。百年の時を経て湧き出る水が育んだ自然と歴史の郷がここに。