カメラと週末旅行

一眼レフカメラを片手に週末に旅行するブログ

宝くじに当選するかも、コレド室町「福徳神社」に参拝してきた|高層ビル群の中に家康公が参詣した神社が

福徳神社

宝くじファンに有名な神社、福徳神社に行ってきました。当選しちゃうかもよ。 

今まで沢山の神社に参拝して来ましたが、どうしても行ってみたかった神社があります。それが日本橋エリアにある「福徳神社」です。この神社は、高層オフィスビル群のど真ん中に位置しており、新旧の建物をセットで見ることのできる珍しいスポットです。徳川家康公も参詣も参拝した歴史ある福徳神社に参拝してきました。

 

交通アクセス

・福徳神社(芽吹稲荷):ふくとくじんじゃ(めぶきいなり)
・〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-4-14
・電車:地下鉄銀座線、三越前駅から徒歩で3分 
・公式HP:福徳神社

 

新旧建物が美しく調和。家康公も参詣した由緒ある神社、宝くじ当選の御利益も

場所は高層オフィス群のど真ん中、コレド室町のモダンな街並みにも映える鳥居

場所は、日本橋室町、地下鉄銀座線三越前駅から歩いてすぐです。コレド室町1とコレド室町2に挟まれた仲通りを通って行くと、下の写真のように、鳥居が見えてきます。

コレド室町に隣接する福徳神社の朱色鳥居

室町東三井ビルディング(コレド室町)は2010年に完成しました。その現代の美しい高層ビル群の中に、植栽された木々と朱色の鳥居が現れます。福徳神社の存在感はビル群に負けていません。むしろ、高層ビルと神社の組み合わせが、洗練されたこの神社の個性になっているようにも見えます。

コレド室町に隣接する福徳神社の朱色鳥居

 

歴史は古く、1000年も前からこの地に鎮座。家康公も参詣

今から1000年以上も昔、清和天皇の貞観年間(860 ~876年)には既にこの地に鎮座していたそうです。1614年、徳川秀忠が福徳の社号を称賛し、芽吹神社と別称を与えました。その後、東京大空襲により焼失してしまいましたが、修復を終え、日本橋室町の開発事業により今のような形になりました。白い木材の社殿はとても美しいです。

福徳神社の境内

神社の規模は大きくはありません。ただ、コレド室町のビル群の中ですので、ひっきりなしに参拝客が来ています。TV東京の「アド街」で取り上げてから更に人が増えたようです。

福徳神社の境内
福徳神社の境内

 

宝くじの当選の御利益で有名な神社

この福徳神社ですが、宝くじファンに有名な神社です。と言うのも、歴史があって、江戸時代に富くじの発行を許された数少ない社寺の一社でした。また、神社の名前が福徳ですので、幸福と利益をもたらすともいわれ、宝くじ当選のご祈願で参拝される方も多いようです。

宝くじの当選の御利益で有名な福徳神社

 

オフィス街のオアシス。買い物やデートに来られたら、立ち寄りを

コレド室町の街並みもキレイですが、社殿も綺麗です。社務の隣がちょっとした広場になっており、休憩することができます。雰囲気がいいので、デートで是非立ち寄ってみてほしいです。

コレド室町の街並みも映える福徳神社

ちなみに夜は社殿がライトアップされますので、更にイイ感じです。

コレド室町の街並みも映える福徳神社

 

まとめ

日本橋の高層オフィスビル群のど真ん中にある「福徳神社」に参拝してきました。1000年以上も前からこの地に鎮座し、徳川家康公も参詣した由緒ある神社は、高層ビルの中でも存在感があり、美しい社殿でした。社務の隣がちょっとした広場になっており、休憩することができます。買い物やデートに来られたら、立ち寄ってみてください。癒しとパワーを運気を頂けるスポットでした。

COREDO室町
COREDO室町
コレド室町の街並み
YUITOの外観